パソコンよもやま話

新しいパソコン!1 (00/12/16)

 彼が夏に、パナソニックのCF-M2CというB5ファイルサイズのノートパソコンを買いました。今までは私と同じA4サイズを使っていたけど、会社に持っていくのに大きいし重いらしい。かわいそうだから買ってあげたら、私も欲しくなってきました。私のパソコンも最近音がヘンだし、デジカメの写真も増えてきたので、CD−Rつきのものを買うことにしました。B5より大きくてA4より小さいB5ファイルサイズで、LANコネクタがついていて、CD−RがついているCF-M2EVを買うことにしました。これだったら、彼のパソコンでもCD−Rが使えるし。

 いつもなら秋葉原に買いにいくのですが、持って帰るのが重いのでクルマで行くと、駅前の駐車場しかないので1時間以上待ちます。だから今回は、近くのラオックスに行き、在庫がなかったのでその近くのPCデポで買いました。コジマやヤマダに比べて、ラオックスは案外安かったりします。

 今回のパソコンはWindows Meが入っていて、セットアップは10分ぐらいで終了。ちょっと前までは、再セットアップの時のように、CD−ROMを入れて、1時間かけてセットアップしていたのになぁ。さて、これからが大問題です。

 初めてパソコンを買ったのなら、インターネット接続の準備をするかと思います。だいたいそのメーカーがやっているプロバイダーに接続するアイコンがあるから、ついそれを押して、なんとなく加入する人が多いのかな?でも、最近は無料のプロバイダーなどもあるので、友達や家族にいろいろ聞いてみましょう!

 パソコンを買い換えた場合は、前のパソコンからのデータの移動。たいていはフロッピーやCD−ROMに必要なファイルだけコピーしておくのですが、メールがどこに入っているのかはOutlookのバージョンによってかなり違います。昔のOutlook Expressはメール一つ一つが「*.txt」で保存されていたし、Win95/98では受信トレイなどトレイごとに「*.dbx」で保存されている。ちなみに、アドレス帳は「*.wab」です。Outlook2000では、アドレス帳とメールが一体となって「outlook.pst」で保存されています。どこに保存されているかは、「スタート」ボタンを右クリック、「検索」で「ファイルまたはフォルダの名前」のところに「*.dbx」・「探す場所」は「C:\」で、「検索開始」をクリック。どこにあるか、これでわかりますよ。

 今回は、家庭内LANをひいてあるので、古いパソコンと新しいパソコンをつなぎ、コピーすることにしました。まずは、必要なファイルはまとめて一つのフォルダにに入れてあるので、これを共有し、新しいパソコンの方で新しいフォルダにコピー。共有してあげないと、他のパソコンで参照できないのです。会社のパソコンはLANでつながっているよ!という方は一度はやったことがあるかもしれませんね。(必要なファイル:ポスペ→C:\Program Files\So-net、お気に入り→C:\Windows\Favorites)

 そして、実はこの時点で、メールのファイルの拡張子が「*.pst」だと知らず、彼と二人で一時間ほど探していました。Outlookのところでインポート(ファイルを他のパソコンから持ってくること)しても、「エントリが見つかりません」と出る。「*.dbx」のファイルも見つからない。やっと気が付いたのが、古いパソコンの方で、メールが入っているフォルダを共有化していなかったこと!共有化したら一発でインポートできました。

 マンツーマンのインストラクターは、Win2000もWinMeも覚えなきゃいけないし、今回のような質問もたまにされてしまうから、とても大変だと思います。自分でやってみてちゃんと失敗すると、人に教えられるほど覚えるものなんです。たまにいるけど、本で勉強しただけという人は、失敗した時の対応がわからないから、それはそれで大変かも。

ウィルス? (01/07/29)

 Windowsのバグが発生しました。最小化ボタンが「_ 」じゃなくて「0」、最大化ボタンが「□」じゃなくて「1」、閉じるボタンが「×」じゃなくて「ワードなどの新規作成アイコン」になってる。スクロールバーの「▼」は「5」になっているし、そもそもIMEの変換も、ヘンな記号がたくさん出てくる〜。

 よくあるバグ(リッチテキストのフォントが壊れた)らしく、セーフモードで再起動(タイトルが出ている時にF8を押す)して、また普通に再起動すればいいだけらしい。よかったよかった。

 しかし、その後ウィルスチェックすると・・・。「Hybris」発見。すぐに削除しましたが、メールの添付ファイルなんて開いていないし、上記のバグが出たときもウィルスチェックしたけど、ひっかからなかったのに。パソコンを破壊するような症状は起こさないのでいいのだけど、ウィルスのパターンと、リッチテキストフォントのパターンが似ていたのだろうか?? 

ウィルス! (01/08/07)

 ウィルスチェックしたら、また「W95.Hybris.worm」発見。「C:\_RESTORE\TEMP\A0006874.CPY」というファイルに感染しているらしいが、チェックソフトでは修復も削除もできない。隠しファイルを表示し、直接削除しようとしたら、ブー!となって、「触るな!」とパソコンに怒られた。

 どうして削除できないのか、いろいろなHPを探していたら、Windows Meのせいだということが判明。Windows Meは勝手にバックアップ(リストア)を取るので、感染したファイルのバックアップも取ってしまい、そして面倒くさいことにバックアップのフォルダ(C:\_RESTORE)&ファイルは削除できないのだそうだ。削除方法も書いてあったので、さっそくやってみました。
1.「マイコンピュータ」を右クリックして [プロパティ] をクリック。
2.[パフォーマンス] タブをクリックし、「ファイルシステム」ボタンをクリック。
3.[トラブルシューティング] タブをクリック。
4.「システムを復元しない」にチェックし、「適用」ボタンをクリック。
5.「システムを復元しない」のチェックを解除し、「適用」「OK」ボタンをクリック。
6.指示に従って Windows Me を再起動。
 お〜、やっとウィルスチェックしても「感染しています!!」表示が出なくなった♪

 結局、原因は何かというと・・・。
  • ウィルスに感染したパソコンからメールを送信する度に、アドレス帳に登録してあるメールアドレスに、差出人・件名が空欄&意味不明な添付ファイル付きのメールを勝手に送信し、しかも送信した形跡を残さない。
  • 訪問したホームページに記載されているメールアドレスへ、意味不明な添付ファイル付きのメールを送信する。
 問題なのは、感染していることに気付かずに、普通にインターネットをしたりメールを送信したりしている可能性があるということ。メルマガを発行している人のパソコンが感染していたりすると、大変な影響をおよぼします。怪しいメールを受け取ったら即削除!ただし、ポストペットの場合は添付ファイルが、勝手に「添付書類フォルダ」に入れられてしまうので要注意です。私の場合も、ポスペ宛てにきたウィルスメールのせいで、今回の事件が起きたような気がします。

 最低週に1度は、ウィルスチェックしましょうね。
 「Hybris」に関するHP 

 追記:WindowsMeはすぐに固まるので、WindowsXPにしました。

新しいパソコン!2 (04/12/19)

 今私が使っている、パナソニックのB5サイズノートPCは2000年の12月に購入したものです。家電の寿命は5年(だと思っている)ので、バンコクに行く前に購入することにしました。

 コジマに行って展示品を見たりカタログを検討したり、価格.comでクチコミを比較検討した結果、候補は以下のとおり。
 東芝dynabook・CX/3216LDSW
 富士通FMV・MG50J
 NECLaVie・LN500/AD1
 ポイントは、12.1型/13.3型。東芝のパソコンのみ世界61地域対応モデム&海外保守サポート付きなので、ほぼこれに決定というところ。キータッチの感触は富士通の方が良かったのですが、こちらの海外保守17カ国にタイが含まれていなかったのが残念。

 というわけで、東芝dynabook・CX/3216LDSWを購入してきました。コジマで18.5万円。今回のパソコンはWindows XPが入っていて、セットアップは10分ぐらいで終了。10年前、一番最初に買ったNECのPC9821(一体型のもの、パソコンにかなり詳しい方しかご存知ないと思いますが)には、フロッピーがたくさんついていてセットアップに1時間以上かかったものです。当時はWindowsもなかったけれども。

 我が家は家庭内LANをひいてあるので、LANケーブルを挿すだけでインターネットはできます。起動して最初に、今使っているウィルスバスターをネットからインストールしました。XPになってから、ウィルス退治ソフトが入っていないと警告がうるさいので。それから、プリンタドライバもネットからインストールしました。

 次に、インターネットプロバイダーのショートカットなど、プレインストールされているもので不要なものを、片っ端からアンインストールしました。東芝は少ない方です。富士通は多かったような気がします。

 そして、前のパソコンからデータの移動、および愛用アプリのセットアップ。
 1.自分のフォルダ
 2.InternetExplorerのブックマーク
    →C:\Documents and Settings\ユーザー名\お気に入り
 3.Outlookのアドレス&フォルダ構成&中身
    →C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data
     \Microsoft\Outlook

 4.秀丸(メモ帳)セットアップ
 5.Lhaca(圧縮解凍ツール)セットアップ

 6.IME辞書設定
   ・旧PCで「ツール」「一覧の出力」でtxt作成
   ・新PCで「ツール」「テキストファイルからの登録」でtxt読み込み

 7.Personal Dictionary(PDIC・外国語辞書)セットアップ
   ・タイ語フォントの設定
     →「コンパネ」「地域と言語のオプション」の「言語」「地域オプション」
     →C:\Windows\Fontsに、入手しておいた「YK_T_PHO.TTF」を追加
   ・「辞書グループ編集」
     →辞書追加で、入手しておいた「Uni-PdicTH05.dic」指定
   ・「View−表示フォント」
    (「設定しない」のチェック外す、「辞書グループ固有の設定」)
     →「見出語」「CordiaUPC」「24」
     →「発音記号」「Thai Phonetic YK」
   ・見出しを「属性」「見出語」「発音記号」「訳語」にして、
    「見出語」「発音記号」を左に寄せる
   ・スクリーンキーボードの設定
     →「設定」「フォント」「Tahoma」「12」

 8.Irfan View(簡易画像処理)セットアップ
   ・日本語設定
     →C:\Program Files\IrfanView\Languagesに、「Japanese.dll」をコピー
     →「Options」「Change language」で、「Japanese.dll」を選択
   ・一括変換時設定
     →「ファイル」「一括変換」「拡張設定を使う」にチェック、「拡張設定」
     →「リサイズ」にチェック、幅350ピクセル
     →「アスペクト比を保持」「リサンプル処理を行う」にチェック

 9.Photoshop&Illustratorセットアップ
 とりあえずこれで、HP更新ができます。Java関係は当分再開しそうにないので、今回はセットアップしませんでした。

 仕事を止めてからIT最新情報には疎かったのですが、ようやくOffice2003シリーズを使うことになりました。Outlookも結構変わっているので、いろいろと試してみたいと思います。

サーバーに接続できません (06/03/14)

 パソコンを買ってセットアップして、すぐにインターネットが見られる事はまずありません。プロバイダーと契約して各種設定しなければ見られないのです。それまではIEのアイコンをクリックしても「ページが表示できません」と出るだけです。

 根本的にネットワークの接続ができていない時は上記のようにすぐにエラーが表示されますが、IPアドレスの設定が違っている場合は数分立ってから「ページが表示できません」もしくは「サーバーに接続できません」と表示されます。同じワークグループ内の別のパソコンの共有フォルダは見られるのにインターネットは見られない、という場合はこちらになります。

 今回は、マンションでLANを引いていて、さらに家庭内LANを引いています。旦那のパソコンではインターネットが見られるのに私のパソコンでは見られなくなりました。しょうがないのでWindowsの「ネットワークのトラブルシューティング」を参考に、色々と設定してみることにしました。
 1.アドレス書き換え
  ・「ファイル名を指定して実行」
  ・cmd
  ・ipconfig / release
  ・ipconfig /renew

 2.デフォルトゲートウェイ(192.168.0.1)の確認
  ・「ファイル名を指定して実行」
  ・command
  ・ipconfig

 3.デフォルトゲートウェイ設定
  ・「ネットワーク接続」−LAN設定のプロパティ
  ・「全般」−「インターネットプロトコル(TCP/IP)」のプロパティ
  ・「全般」−「IPアドレスを自動的に取得する」にチェック
  ・「詳細設定」−「デフォルトゲートウェイ」追加(192.168.0.1)
  ・再起動

 4.静的IPアドレス設定
  ・「ネットワーク接続」−LAN設定のプロパティ
  ・「全般」−「インターネットプロトコル(TCP/IP)」のプロパティ
  ・「全般」−「次のIPアドレスを使う」にチェック
    IPアドレス:192.168.0.2(or 〜99)
    サブネットマスク:255.255.255.0
    デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1
    優先DNSサーバー:192.168.0.1


 追記。いつの間にか直りました。原因は何だったのだろう?

メールの送信ができません (06/04/19)

 突然メールが送信できなくなりました。

『<送信時>
タスク 'yahoo - 送信中' はエラー (0x8004210B) を報告しました: '送信 (SMTP) サーバーからの応答を待機中に操作がタイム アウトになりました。 このメッセージを引き続き受信する場合は、サーバー管理者かインターネット サービス プロバイダ (ISP) に問い合わせてください。'

<アカウント設定のテスト時>
テスト電子メールメッセージの送信:指定されたサーバーは見つかりましたが、サーバーからの応 答がありません。ポートとSSLが正しいかどうか確認してください。』

 Yahoo!メールを使っているので、送信できなくなってから2日、Yahoo!メールサポートセンターに問い合わせをしてみました。その結果、
『・プロバイダ側で外部へのSMTP接続を制限?(Outbound Port25 Blocking)
・メールソフトの設定は正しくされているか?→OK
・POP before SMTPではなく、SMTP-AUTHにしているか?→OK
・送信エラーによりメールボックスがロックされている?→自動受信チェック外すが変わらず
・会社や学校から利用の場合、外部アクセス制限?
・セキュリティソフトやルーターの影響?
・容量の大きなメール(添付ファイルなど)を送受信?→していない

解決しない場合は、再度メールを下さい。』
と、実に丁寧なメールを頂きました。色々試した結果、Yahoo!メール以外も送信できないので、どうやらウィルスバスターが悪さをしているようです。「0x8004210B」でトレンドマイクロのページを検索すると、英語サイトにて「Pop3trap.exeが云々」と出てきました。でも、さっぱりわかりません(涙)さらに「0x8004210B」でMicrosoftのページを検索すると、以下のように書いてあったので、それぞれ対応してみました。
・アカウントが正しく設定されていない。
・パーソナル ファイアウォール ソフトウェアが正しく構成されていない。
・ウイルス対策ソフトウェアを確認する必要がある。 
・モデムに不具合がある。
・最大転送ユニット (MTU) のサイズを確認する必要がある。 
・Outlook Express がコンピュータから削除されている、またはインストールが損傷している。
・Outlook でのユーザー プロファイルが損傷している。
・POP3 サーバー上の電子メール アイテムが損傷している。

1.電子メールサーバーで、ウイルスバスターのPOP3 ウイルス検索機能 (Pop3trap.exe) を無効
 →関係ない

2.ユーザープロファイルが損傷しているので、新しいプロファイル作成
 →新しいプロファイルでも送信できず。

3.Outlook Expressを削除して再インストール
 →「プログラムの追加と削除」「Windowsコンポーネントの追加と削除」
  「Outlook Express」チェックボックスオフにしてOK→再度オンにしてOK
  Outlook Expressは削除していたのでこれが原因かと思ったが、これでも直らず

4.メール送受信時のウイルスチェックで時間切れになる
 →「電子メールアカウントの表示と変更」「詳細設定」でサーバーのタイムアウトの時間を
  10分に設定

5.ウィルス対策ソフト機能を無効
 →ウィルスバスターの「メール送信時ウイルス検索を有効にする」のチェックを外したら」
  を外したら、
  『送信メールサーバー(SMTP)の検索:送信メールサーバー(SMTP)に接続できませんでした。
   サーバー名が間違っているか、サーバーがSSLをサポートしてない可能性があります。』
  というエラーまで出てきた。
 しょうがないので、しばらくの間Yahoo!メールはWebから送信することにしました。

 追記(4/27)。マンション内LANを使用しているので、旦那にマンションのフロントに聞いてもらったところ担当の人が来て、SMTPサーバーの設定を直したらメール送信できるようになりました。マンションが利用しているプロバイダ側でSMTPサーバーの設定が変更になったようです。

 Yahoo!からもらったメールのうち『プロバイダ側で外部へのSMTP接続を制限?(Outbound Port25 Blocking)』が該当するのでしょうけれど、変更したのならちゃんと連絡ぐらいくれてもいいのに。それとも、POP3(メールソフトを使用)でメール送受信する人は海外では少ないのかな?

Windows Media Playerのエラー?(07/04/17)

 いつからか、Web上の動画を見ようとすると

『ネットワーク エラーが発生したので、ファイルを再生できません。サーバーが使用できない場合があります。ネットワークに接続していること、およびプロキシ設定が正しいことを確認してください。』

 とエラーが出るようになりました。さらに、CDをパソコンに取り込み時のアルバム検索ができなくなりました。色々と原因を調べた結果、ウィルスバスターを終了させるとどちらも可能となるので、ウィルスバスター2007の設定が原因のようです。

 ウィルスバスターの「チャットサポート」に聞いてみました。サポート窓口もとうとうチャットにまで進化したのですね。「トラブルはいつからか」「Windows Media Playerのバージョンは」「どのようなエラーか」質問され、「ウィルスバスターを終了させると使用可能」と告げると「パーソナルファイアーウォールにて通信をブロックしている」との事。「設定の変更方法を教えて下さい」と尋ねるとメールで送付するとの事。すぐにメールが送られてきました。

  • 「不正侵入対策」「パーソナルファイアウォール」「編集」「例外ルール(プログラム)」
  • →うん、ここまでは事前に確認した。「Windows Media Player」にチェックも確認。
  • 「処理」が「拒否」の場合は「許可」に、「カスタム」の場合は各項目をクリックして「編集」
  • →これは気がつかなかったなぁ。「Windows Media Player」の設定を開くと、「設定」で「送信:拒否:TCP:すべて」となっていました。確かに一度、Windos Media Playerの画面で突然「インターネット接続しますか?」と出て「いいえ」を押してしまったような気がする。
  • 「項目クリック」「編集」「簡易設定」で「許可」
  • →なるほど。そうすると例外ルールメイン画面で「処理:許可」になった。ちなみに「詳細設定」で「送信:許可」にすると、例外ルールメイン画面では他項目と同様「処理:カスタム」。
 そして再起動。Media Playerを起動して、CDのアルバム情報検索。ちゃんと動きました!チャットでサポート?と最初は驚いたけれど、ログを取っておけば「どのエラーの時」「どの原因」というのがデーターベース化できるので、電話をしながらメモを取ったりするよりは正確だし、同じエラーの時の対処方法を探すのも早いのでしょう。凄いぞ、サポセン!

「常に選択した動作を行う」の解除(07/05/23)

  • 「マイコンピュータ」−該当ドライブ「プロパティ」
  • 「自動再生」
  • ファイル選択−「何もしない」

新しいパソコン!3 (09/03/27)

 今使っている、東芝ダイナブックは2004年12月に購入したものです。家電の寿命は5年だと以前書きましたが、何度かタイと日本を往復していたら、去年本帰国直前にハードディスクが壊れました。タイの秋葉原のようなところでハードディスクを買い、旦那に入れ替えてもらったら復旧したものの、1年経って今度はファンの調子がおかしい。また壊れる前に、新しいパソコンを買うことにしました。

 帰省する時に持ち運ぶことを考えると、とにかく軽いものがいい。検討した結果、東芝dynabookのSS RX2にすることに決定。早速家電量販店に行ってみると……RX2シリーズは置いてありませんでした。ビジネス用だから?しょうがないので、東芝dynabookのHPから注文することに。

 最近ハードディスクの代わりにフラッシュメモリドライブ(SSD)というのが登場したそう。ハードディスクに比べて衝撃に強く静からしい。それならとRX2/T9Hにする予定だったのが、Webオリジナルモデル&3月末まで10%引きにつられてRX2/W9Hに決定。

 注文してから3日ぐらいで到着。さっそくセットアップ。
 1.ネットワーク接続
 2.ウィルスバスターをダウンロード
 3.お気に入りをコピー
   →C:\Documents and Settings\ユーザー名\お気に入り
 4.自分のフォルダコピー
 5.Officeインストール
 6.Outlookをインポート
   →C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data
    \Microsoft\Outlook\Outlook.pst
 7.プリンタ設定

 8.秀丸(メモ帳)セットアップ
 9.Irfan View(簡易画像処理)日本語版セットアップ
   ・一括変換時設定
     →「ファイル」「一括変換」「拡張設定を使う」にチェック、「拡張設定」
     →「リサイズ」にチェック、幅350ピクセル
     →「アスペクト比を保持」「リサンプル処理を行う」にチェック
 家庭内LANに外付けハードディスクをつけてデータ置場にしているのですが、そこから旅行先の写真をコピーするのにやけに時間がかかりました。WinVistaは画像を大量にコピーすると、途中でコピーをやめてしまいます。何故だろう?Office2007に慣れるのも時間がかかりそう……。