Word編

99年10月27日
 今日の生徒さんは、高校生!女子高生と話すのは何年振りだろう・・・。
(ちょっとおじさんみたい?)高校の授業が終わってから来たらしく、ちょっ
と眠たそう。おまけに今日のレッスンは、タブとインデント。仕事で書類な
どを作っている方だったら、タブとインデントの便利さに感動するのですが、
高校生だから書類はまだ作ったことがないし、レポートも手書き。

 こうなったら、イメージ大作戦!。「例えば実習の感想とか、これか
らいろいろ長文のレポートを書くことになると思うよ。今までは原稿用紙3
枚とかだったけど、レポート用紙10枚書いたりすることもあるよ」と言う
と、「そうなんですか?」とちょっとは目が覚めたよう。よしよし。さらに
「レポートも、ワープロで打って、このようにタブとインデントで揃えてあ
げると、ほら、見栄えがよくなりますよね。これで評価もアップするよ」と
言うと、「ああ、そうか〜」と実感したようです。

 どうしようかな、と思ったのは、言葉遣い。生徒さんはお客様なので丁寧
語で接するのは当たり前だけど、高校生に対しても1から10まで丁寧語だ
と、学校の先生みたいになってしまう。そこで、丁寧語もまぜつつ、20歳
ぐらいのお姉さん風に話してみました。本当はいろいろなやり方を教え
るのだけど、面倒くさそうな顔をしていたので「ダイアログボックスからだ
と、1mm単位で設定できるから、生真面目な人はこっちの方がいいかも」
と教えました。・・・これでいいのかなぁ。  

99年11月22日
 最近、どうにか順調にレッスンが進んでいます。今日はワードの一番最初
と、書式設定と、エクセルのグラフをやりました。ワード98かワード20
00のどちらかを教えているから、たまに混乱します。例えば、拡張書式。
縦書きの文章の中で、数字は横書きにする時「縦中横」を使うけど、98で
は「書式」−「組み文字」ダイアログボックスで「縦中横」を選ぶ。2000
では、「書式」−「拡張書式」−「縦中横」なんですね〜。拡張書式では
「割注」もできるようになっているし。

 でも、MOUSもパソコン検定も、ワード&エクセルは97のままなので、
試験勉強をしているとちょっと混乱します。 

99年11月27日
 ワードのレッスンでは、クリップアート&ワードアートの後に、カレンダー
を作ってもらいます。レッスンでは見本通りに作ることが多いけど、カレン
ダーは好きなように作ってもらいます。しかし「好きなように」がくせもの。
今日の生徒さんはイメージがすぐには湧かないらしく、画面を見て固まって
しまいました。「例えば、こんな風にできますよ」とデモするけど、それで
もイメージが湧かないらしい。私のネタをすべて出したところで、急にひら
めいたようです。おおっ、これはすごい。途中で時間になってしまったので、
次回までの宿題にしました。出来あがりが楽しみです♪

 そうそう、MOUSの認定証が届きました。わーい♪ 

99年12月1日
 今日のレッスンもカレンダー作成でした。前回のレッスンで「宿題」と言
われたけど家ではイメージが湧かなかったらしく、日にちしかできていませ
んでした。インストラクターによってやり方が違うけど、ページ罫線や背景
のつけ方など、私は1回デモしてあげて、一緒にイメージを考えてあげるよ
うにしています。たぶん前回も、イメージが湧かなかったから宿題になった
のだろうけど、レッスン中に湧かない人は、家に帰っても湧かないと思いま
す。

 中国に留学したことのある方だったので、「中国のお正月風にしてみては
?」と言ったらピンときたらしく、いろいろ試しはじめました。どうもいい
クリップアートがなくて、インターネットで探していたら時間になってしま
いました。文字を逆さにするのに、ワードアートを使ってね、とも教えたか
ら、これで大丈夫でしょう。来年は辰年だから、中国風カレンダーはぴっ
たりかも。 

99年12月26日
 今日は、またまたイメージ大作戦について。何も質問しない生徒さんは、
レッスンを進めるのは楽だけど、後が大変です。図形が終わったところで
「今までの総復習で・・・」と書式設定・タブなどを含んだ文章を作って
もらいますが、「太字はどれだっけ」「タブってなんだっけ」という。
それに対して、レッスン後に残って復習していく方は、なかなかするどい質
問をするので、レッスン中大
変です。

 「元のサイズに戻す」ボタンと「最小化」ボタン、どのような時に使いわ
けるのか。また、アンカーマークとは何か。(アンカーマークなんて聞いた
ことがない方のほうが多いのでは…。)いろいろ説明するけど、どうもイメー
ジがわからないらしい。自分の中できちんと飲みこもうとしている。こちら
もちゃんと伝えてあげたいけど、どうも伝わらない・・・。3回ほど説明の
仕方を変えた時に「あ!わかったわ!」と言われると嬉しいですねぇ。私も
「こう教えればわかりやすいのか」と勉強になるしね。

 プログラマーの時もそうでしたが、人に教えることが一番いい勉強方なん
でしょうね。人に教えるためには、自分の中できちんと理解していないとい
けないので。 

00年1月22日
 スクールに行ったら、「ちょっとちょっと」と言われた。何だろう?と思っ
たら、シフトを増やす相談でした。今まで週3回だったのに、1日増えて週
4回。毎日働いていた正社員の頃に比べたら、まだましだけど。

 忙しいということは、生徒さんが多いと言うことなので、商売繁盛いいこ
とだけど、パソコン&インストラクターの数が足りないらしい。そのうち増
やすかも・・・というので、これは早めに言っておかねばと思い「まだ確定
していませんが、99%の確立で転勤します」と話しました。「じゃあ、二
人増やさなくちゃ」とのこと。採用面接とか、2週間の研修とかあるので、
実はいいタイミングで切り出したのかも。ちょうどよかった。

 インストラクターになって3ヶ月、今日初めてワードの段組のレッスンを
やりました。忘れていたらどうしよう、と思ったけど、なんとかなりました。
ただ、他の分野に比べて、手順がちょっとぎこちなかったけど。

00年2月15日
 今日も初心者のおじさまの話。なんだか専属になってます。右揃えや
文字に色をつけることができたら、あとは体裁です。日時を書くときは、日
にちも時間も全角で揃える。記号と漢字を一緒に変換すると記号が半角にな
るので、記号を入力したらすぐエンター。ちょっとでもやったことがあるの
なら、このあたりはカンでわかるのだろうけど、全くの初心者なので、「細
かすぎるかな?」というぐらい丁寧に教えてます。

 「レッスンでは見本を見ながら作っていますが、実際は自分でレイアウト
を考えます。タイトルは、だいたい16ポイント・太字・下線・拡大です。
こうするとインパクトがありますよね」と説明すると、うんうん、と納得し
ている様子。レッスンで使っている見本は、事務職の方が作るような資料な
ので、プログラマー時代には作ったことがなかったけど、そこは元演劇部。
作ったことがあるふりして説明してます。
 
 名前を付けて保存してもらったら、ヘンな名前で保存されてしまいました。
さっそくファイルの名前の変更をしてもらったら、やっぱり忘れてる〜。
ちょっと復習したら思い出してくれましたが。「実際にいろいろな場面で使
ってみないと忘れるね」うんうん、その通りです。宿題を出してはいるけど、
自宅にはまだパソコンがないそうなので、やっぱり仕事で使ってみないとね。