ミニチュア粘土・2006年

4月10日・1回目

 友達とマリサの石鹸粘土体験に行って来ました。1回550B。ミニチュアの果物を積んだ船を作りました。まずは先生がハンドクリーム・接着剤・爪楊枝・色つき石鹸粘土などを用意してくれます。あとは先生が「次はこれをこのくらいの大きさで何個作って」と指示してくれるので、その通りに色つき粘土をちぎって丸めて、枝を差したり爪楊枝で筋をつけたりツブツブをつけたり。


 左から、マンゴスチン・マンゴスチン中身・スイカ。

 マンゴスチンは丸めて、緑色の枝を刺す。
 マンゴスチン中身は丸めて、爪楊枝で筋を描く。
 スイカは楕円形に丸めて、緑色の枝を刺して、爪楊枝に刺しておく。


 左から、サクランボ・オレンジ追加。

 お茶を出して頂きました。カップ手前の船は完成品。


 スイカは爪楊枝に刺した状態で緑の絵の具でナミナミ模様を描く。
 マンゴスチンは枝の周りに小さな緑の丸4つ付け、爪楊枝で筋を描く。
 マンゴスチン中身は紫の皮をつける。


 それぞれ接着剤をつけて、船に載せていく。

 これで完成!

 2時間でちゃんと出来ました。思ったよりも簡単で不器用さんでも大丈夫。今日同席された方は石鹸粘土歴3年だとか。ミニチュア大型屋台を作っていました。面白かったし、屋台も作ってみたいので、ぜひまたやりたい!