タイダンス・2007年

2月14日・1回目

 友達と、ITDA(インターナショナル・タイダンス・アカデミー)のタイダンス体験に行って来ました。車で行ったのですが、道路が渋滞していて、さらにラップラオのソイ41に入ってから迷い、結局スクンビットから1時間かかりました……。車で行かれる方は、ソイ37の直後を左折(ソイ41の看板を見逃しやすい)、1本目の道を右折、ワット・ラップラオを通り抜けて大通りに出たら左折、2本目・エアコン屋?を左折した奥右手のタウンハウス。地下鉄ラップラオ駅まで迎えに来てくれるそうなので、その方が迷子にならずに済むかもしれません。

 中はこんな感じ。元々フジスーパー1号店の近くにあったのですが、リースだったので内装を変えられない為、郊外のタウンハウスに移転したのだとか。絵画コースの先生が描いた素敵な絵があちこちにありました。



 今日お願いしたのは、2時間コース1500B。準備体操・ラムウォンという踊りの練習・舞台用ヘアメーク&着付け・写真撮影・認定証発行、だとか。

 まずは下だけ練習着に着替えます。正確には一枚の布を巻きつけてズボン風にします。パンツで行った友人は脱いでいたから、スカートの方が脱ぎやすいかも。



 準備ができたら、最初に準備運動。なんだかヨガのような感じでこれだけでちょっと筋肉痛。最初に手で感情表現する方法を教わります。「嬉しい」「愛してる」「悲しい」「怒ってる」「恥ずかしい」これを知っているだけでも、タイダンスを見る楽しみ倍増。次に、ラムウォンという基本的な踊りの手の動きを教えてもらい、各自練習した後、輪になって踊ります。みんな必死です(笑)



 つづいて、舞台用ヘアメイク&着付け。衣装が5種類有り、選んだ衣装により髪型も異なるのですが、私が選んだ衣装は黒柳徹子のような髪型でした。メイクは絵画コース担当の先生が眉を担当。妙にアーティスティックです。衣装を着たら、たまに見かける頭の大きなタイのハイソマダムになっていました。寝台の上でポーズして写真撮影。写真立てに入れてプレゼントしてくれます。



 最後に衣装を着たままラムウォン。肩にかけた布が案外重いです。修了証書ももらい、なかなか楽しいタイダンス体験でした。